Blog

他人軸と優しさの違いにご注意!

こんにちは!
愛され印象力コンサルタントのたかなみです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

本日のテーマは【軸】

気遣いや優しさも大事だけど…

あなたは自分軸で物事を決めることができていますか?

例えば、誰かと食事をするシーン。
「何食べたい?」と聞かれたときに
「何でもいいです!」と答えていませんか?


私言ってるな…という方は要注意です!!
ぜひ最後まで読んでくださいね。


「何でもいいです」と答える方の心の中を覗いてみると
“相手を尊重したい!”という意図があるかもしれません。

または、
決定権を譲ることが「優しさや気遣い」と思っているかもしれませんね。


もちろん、優しさも気遣いはとっても大事なことですし、
皆が簡単にできることではありません。

でも、
「何でもいいよ」=「あなたが決めて」ってことなので、
結局のところ「決断すること」から逃げて
決めることを相手に押し付けていることと同じです。

しかも…
せっかく提案してくれてたのにも関わらず、中には反対する人もいますよね…。

例えば、
「パスタ食べに行きませんか?」と案を出してくれたのに、
「昨日食べたばっかりだし…」とか、
「ダイエット中だから麺は避けたい」とか、
厚意を踏みにじってしまう人も多いな…と感じます。

この状況は人を傷つけているだけでなく、
〝自分の軸〟が欠けている、〝他人軸〟の生き方をしている状態です。

「何でもいいよ」からの脱却

私は他人軸で生きているつもりはない!!

…って思うかもしれませんね。

でも「決めること」から逃げて、他人任せにしてしまっている場合は
「他人軸」と表現されてしまっても仕方のないこと。

ではどうしたらいいでしょうか。

それは、

・・・・・

・・・・・

・・・・・

【自分の気持ちや考えを相手にしっかりと伝えること!】

当たり前やんって思うかもしれませんが、
実際にコレがキッチリできていたら全員自分軸で生きることができています。

でも実際は言えない人が大半です。
日本人は特にその比率が高いでしょう。


まだ出会って日の浅い相手と会食する場合、
好みもよく分からなかったり、
何でも言える関係性が築けていないというかもしれません。

でも素直に自分の希望を伝えることは誰にも迷惑かけませんよね。
どんなシーンでも、相手が誰であっても、
しっかりと思いを伝える必要があり、それが他人軸を脱出する方法の1つです。

でもやっぱりなかなかハードルが高い…と感じる方は、
食べたいものを聞かれた際に
〝生姜焼き定食食べたいです〟みたいにピンポイントで答えられなくても、
せめて〝和食がいいな〟とか、〝中華はどう?〟って感じで
まずはジャンルだけでも自分の意見を答えられるようになることから始めてみてください。


自分軸の構築にもつながり、
相手とのコミュニケーションも深めていくことができる一石二鳥の方法です。

ぜひ少しずつでもお試しください!!

Coming soon ♫

↓↓↓↓↓↓↓

現在LINE登録者さまに向けて、新しいプレゼントを作成中です!

年間7000人のお客様と接した経験から
《愛され印象力》を活かし、
あなたにお願いしたい!と選ばれる印象の秘訣
を大公開予定。

完成後にご案内しますので、
プレゼントをご希望の方は、ぜひ下記URLよりご登録ください!

下記URL、LINEボタン、もしくはTOPページからご登録ください。

↓↓↓

https://lin.ee/tQQiKlI
公式LINE登録でプレゼント

友だち追加