Blog

印象の明暗を分ける○○

印象で損をしてしまうポイントとは?

3月上旬から新入社員研修の準備に集中していましたが、
4月に入って現在も絶賛納品中です!

新入社員さん達が初々しくて、
素直で、頑張るぞ――――!!って前向きな感じで受講してくださるので、
とても嬉しく、パワーもいただいています。

好印象の受講生さんがたくさんいらっしゃるのですが、
ほんの微々たる差が大きな印象の差を生むなぁ…と感じています。

でも、「この微々たる差」がビジネスでは明暗を分けてしまいます。

それってどんなポイントだと思いますか??

それは何かと言うと、

話を聴く際の「うなずき」です。

実際に起きうる印象の差

例えばAさんとBさんの事例。

どちらもよく発言するし、頭の回転も良くてコミュ力も高い。
話ながらの笑顔はとっても可愛らしく、積極的に話を聴く。

Aさんは、
力強い目力でしっかりと話を聴き、素晴らしい集中力。

Bさんは、
しっかりと目線が合い、「うんうん」と時折うなずきながら聴いています。

両者共にしっかり聴いていますが、この「うんうん」が明暗を分けるポイントです!!

うなずきは「相手の話を聴いてるよ!」ってサイン

講師をしていると相手がどれくらい話を理解できているか?というのを
相手の反応を見ながら進行します。

大規模の研修ですと、しっかりとうなずきながら話を聴く受講生さんは意外と少なかったりします。
もちろん、日によって、メンバーによって違いますが。

だからこそ、講師側からしたらうなずきながら聴いてる方が目にとまり、印象にも残りやすくなります。
もちろん超好印象です!

接すれば接するほど緊張が解けて
話をすればするほど相手のことがわかり、いろんな面を知ることができて、
どんどんと人柄の魅力が溢れてくるものです。

ただ、
聴くことがメインのシーンでうなずきがなく、表情もリアクションも薄いと
「冷静」「堅い」「威圧感がある」という印象を受けてしまいがち。

「うんうん」とうなずきがプラスされたら
威圧感なんて瞬時に吹っ飛ぶのに…。

人の印象を決めるシーンでは、必ずしも言葉があるわけではなく、
態度や動作でその人の印象を決めていくことが多々あります。

どんな人でも、自分の話を聴いてくれる人が大好きです。
何だかんだ言って、聴くことよりも「自分が話したい!」って思ってしまうのが人間です。(本当にそうなんです!)

一生懸命に自分の話を聴いてくれる人に対して
自然と嬉しいな♪この人いい人だな、好きだな♡って気持ちになるもの。

「好印象」はその気持ちから生まれるものです!!

話を聴く時に「あいづち・うなずきは大事ですよー!!」と
研修でも個人講座でも常にお伝えしています。


セールスやセッションなど1対1の時は意識することも多いと思いますが、
1対多数の講義やセミナーを聴く際でも、
そこから印象の良し悪しが生まれるってことを改めて感じていただけたらと思います。

明日はコミュニケーション研修。
話の聴き方についてもいっぱいお話する予定。楽しみです!

このプレゼントは、もうお受け取りいただきましたか???

↓↓↓↓↓↓

リニューアルしたばかりのLINEお友達プレゼントは、

◎好かれる話し方
◎愛される気づかい
◎惹きつける魅せ方
◎美顔の魔法
◎内面美を磨く

5つのカテゴリーから印象力を磨くポイントを
100個集約しています。

どれも今日からすぐ取り組めるものばかり。

あなたのお仕事や叶えたい未来へお役立ていただければ幸いです!

ぜひ下記より登録してお受け取りください!

公式LINE登録でプレゼント

友だち追加